Interview

マーケティング×IT最前線で活躍する、ココチエのメンバーを紹介します

Sakauchi
編集Sakauchi

どの業種も高度な
スキルを持った人ばかり。
経験者も未経験者も
成長できる環境があります。

業界未経験でもチャレンジできる環境がある

— ココチエに入社した理由は?

前職では月刊の結婚情報誌や資格・旅行情報誌の編集・制作を7年ほどやっていました。
元々WEBメディアにも興味があって、自分のスキルの汎用性を高めるため、次はWEB編集をやりたい!と思っていたんです。そこでWEB未経験者でも携われる企業を探していたところ、ココチエに出会いました。

ココチエ以外にもいくつかの企業の選考も受けていましたが、ココチエの入社の決め手は、「いろんなことにチャレンジできそう。編集以外のスキルも身につきそう。」と思ったからです。

業界未経験でもチャレンジできる環境がある

はっきりと数値が出る難しさと面白さ

— ココチエでの仕事内容・やりがいは?

入社以来、Sheage(シェアージュ)の編集業務がメインです。Sheageで掲載している記事ネタの考案、取材・執筆、外部・社内ライターの原稿チェック、配信スケジュールの調整、メンバー育成……などなどあらゆる業務を日々行っています。正直、大変です(笑)

WEBメディアはタイトル1つ、写真1つでPV数が大きく変わります。もちろんPVが全てではありませんが、やはり多くの人に見て欲しい、記事を読んで欲しいので、記事の内容からタイトル、文章まで手を抜くことはありません。

ほんの少しのことでPVなどの数値が変わってしまうのが、WEBメディアの難しさでもあり、面白みを感じるところでもありますね。少しでも多くの人に届けるために、試行錯誤の毎日です。

はっきりと数値が出る難しさと面白さ

疑問をぶつけると必ず誰かが答えてくれる

— ココチエってどんな会社? ココチエのいいところは?

すべての職種においてスキルの高い人が多いです。WEB未経験で入社したので色々と疑問が生まれるのですが、必ず誰かが答えてくれます。

あと、自らやりたいと声を上げたらなるべく吸い上げてくれるような環境だと思います。例えば、Sheageでは毎週チームでネタ出し会議を行っているんですが、せっかくなら美味しいものを食べながら会議をしたい!と会社に掛け合ったんです。そうしたら、月1回は会社のお金でスイーツなどを食べながら会議ができるようになって。言ってみるもんだな、って思いましたね(笑)

自分たちが発信することで会社の心地良さを作っていける。ココチエならではだと思います。

なにか1つでも熱中するものを持っている人

— どんな編集者に入社して欲しい?

編集者という職種は社内・社外ともに多くの人とやり取りするので、ずば抜けている必要はありませんが、最低限のコミュニケーション能力があるといいですよね。あと、WEBという特性上、ある程度スピード感が求められます。考えてからアウトプットするまで、瞬発力をもって進められる人がココチエには向いていると思います。

個人的には、なにか熱中しているものを持っている編集者がいいですね。ちなみに編集者は私含めて3人いるのですが、全員紙媒体からの出身者なので、「紙の編集しかやったことがない…」という人もぜひ応募してください!

もっと多くの人にSheageを届けたい

— 今後の目標ややりたいことは?

まずは、Sheageと聞いてみんながパッと思い浮かぶようなメディアに成長させたいですね。そのためにももっとWEB編集者としてのスキルを高められるよう日々努力しています。

個人的にやりたいこととしては、地域貢献です。ヒトやモノ・コトの裏側にあるストーリーを知ることが好きで、知ったら誰かに伝えたくなる。前職の影響で旅行も大好きなので、旅先に行くと「こんなにいい場所なのに、素晴らしい人たちがいるのに、みんな知らないなんてもったいない!」という気持ちになることが多いんですよね。そういう地域の良いところを多くの人に伝えて、そこが少しでも活性化するようなことがしたいと考えています。