Interview

マーケティング×IT最前線で活躍する、ココチエのメンバーを紹介します

Sekine
エンジニアSekine

仕事の幅が広く、
ハードルも高い。
その分、真剣に向き合える
環境とメンバーが揃っている。

自分の頑張り次第で会社が成長する

— 入社を決めたきっかけ

前職で、取締役の小林と仕事をしたことがあったのですが、こちらが提案した意見を柔軟に取り入れてくれて、一緒に働きやすいな…と感じました。それから、もう一度一緒に仕事をしたいと思っていて。そんな折、「ココチエで働かないか?」と声をかけていただいたんです。

自分のスキルをもっと成長させたいと考えていた時期でもあったので、良いタイミングでしたね。当時、ココチエは立ち上がったばかりの会社だったので、自分の頑張り次第で、目に見えて会社が成長していくのも面白いと感じました。

自分の頑張り次第で会社が成長する

ユーザーやクライアントからの評価がわかりやすい

— ココチエでの仕事内容・やりがいは?

各種クライアントワークと自社サービスのDEARを担当しています。主にはAWSを用いたサーバーの構築やLaravelを使ったPHP開発です。そのほかにも、要件定義からシステム・データベースの設計、チームマネジメントと幅広く担当しています。
前職ではエンジニア領域の仕事だけで完結していたので、スキルの幅が広がったと実感しています。

ココチエでは、エンジニアでもユーザーやクライアントの対応を直接行うことがあります。そこで感謝の言葉をいただいたり、自分が作ったサービスを使用している人を目の当たりにすると、やっぱり嬉しいですね。本来のエンジニアの仕事ではないかもしれませんが(笑)

ユーザーやクライアントからの評価がわかりやすい

優しいけれど、生ぬるい考えの人はいない

— ココチエってどんな会社? ココチエのいいところは?

全体的に優しい人が多いですが、仕事に対して生ぬるい人はいない会社です。
例えば、打ち合わせの際にディレクターサイドとぶつかることもあります。
もちろん大人なので感情的になることはありませんが、良いものを良い形で作りたいと思っているからこそ、討論になることはあります。それだけ、仕事に真剣な人が多いのはココチエの魅力ですね。

あとは、いろいろな意見が通りやすいです。先日は社員で企画を立てて、仕事を早めに切り上げてBBQ懇親会を行いました。やりたいことがあれば尊重してくれる風土だと思います。

足りない部分を補って、一緒に成長していける

— どんなエンジニアに入社して欲しい?

今はアプリエンジニアやフロントサイドエンジニアが足りないので、経験者が来てくれると嬉しいです。良い刺激になって、チームとして出来ることの幅も広がりますしね。
個人的には未経験者でも大歓迎です。向上心や、新しいことにチャレンジしたい気持ちさえあれば、チームでフォローするので大丈夫ですよ。

誰からも頼られる一歩踏み込んだエンジニアに

— これから目指したいこと、実現したいことは?

自社サービスをグローバル展開させたいと考えています。大学時代アメリカに留学していたこともあり、その経験を活かして世界に通用するサービスを生み出し、会社を大きく成長させていきたいという気持ちがあります。

個人的には、もっとフロントエンジニアの経験を積みたいですね。
あとは品質やコストを考えるだけではない、もう1つプラスαを添えられるような一歩踏み込んだエンジニアを目指したいです。