Interview

マーケティング×IT最前線で活躍する、ココチエのメンバーを紹介します

Nakagawa
WEBディレクターNakagawa

主体的にならないと
何も動かない。
大変だけど、その分
やりがいと成長は人一倍。

サービスの根幹に関わりたい

— 入社を決めたきっかけ

知り合いから代表の糸島を紹介してもらい、一緒に食事をする機会があったのですが、その場で糸島が話していたココチエの事業内容や将来の展望を聞いていると、面白そうだなと感じて。純粋に「ココチエで働いてみたい」って思ったんです。

以前は、デジタルコンテンツの集客マーケティングを担当していたのですが、すでに出来上がっているサービスを拡大していくことが仕事のメイン。サービス自体の改善や運営には関わり辛かったんです。このままだと業務の範囲があまり変わらないかもしれない、仕事の幅を広げるにはどうしたらいいんだろう…とずっと考えていました。

各分野のスペシャリストが集結

自分が携わったサービスが世の中に浸透していく

— ココチエでの仕事内容・やりがいは?

ココチエでは主にWebディレクターとして、サービスの方針作成やUI/UXの機能改善・進行管理・クライアントとの交渉などを行っています。ほかにも新規サービスの立ち上げにも携わっています。

以前に比べて、仕事の幅は格段に広がりました。ディレクターとしての仕事はもちろんですが、請求書処理のような事務作業から採用・チーム形成までと、とにかくやることが多いです。裁量が多い分、なんでも自分がやらないと進まない。もちろん大変だけれど、色々な仕事に関われる面白さはあります。
あとは、自分が携わったサービスが、たくさんの人に見てもらえているのが本当に嬉しいですね。世の中に浸透して、しかもそのサービスを好きだと言ってもらえると最高です。そんな瞬間をもっとたくさん味わいたい。だから頑張っています(笑)

スキルの幅がどんどん広がる、今までにない成長を実感

すぐに相談できる距離感が心地いい

— ココチエってどんな会社? ココチエのいいところは?

メンバー同士、すぐに相談に行ける距離感が心地いいです。私、気になることがあると、すぐに誰かに突撃して聞きに行っちゃうタイプなんですけど、それを優しく受け入れてくれる雰囲気があります。

あと、オフィスが表参道という立地なので、お昼休みに散歩をするのも楽しいです。いろんなブランドのお店のショーウィンドウが季節によってガラリと変わるので、トレンドがキャッチしやすいんです。マーケティングの仕事もしているので、情報感度を高く保っていられるのは助かりますね。

サービスに愛を注いで、一緒に成長していける

— どんなWebディレクターに入社して欲しい?

Webディレクターとしては、物事を論理的に考えられる人や状況を把握・分析して言語化できる人、コミュニケーションを取りながら調整できる人が向いていると思います。

でも、なによりもサービスに愛を注げる人と一緒に働きたいです。
割り切って仕事をするのではなく、携わっているサービスに愛を持っている人の方が、より良い議論もできますし、良いチームとして仕事をしていけると思います。

あとは、「これしかやりません」という自分の仕事の幅を決めている人ではなく、「何でもやってみたい」という気持ちの人が来てくれると嬉しいですね。色々なことにチャレンジできる分、大変ですが楽しみも大きいですよ。

生み出したサービスで、業界のNo.1になる

— これから目指したいこと、実現したいことは?

ユーザーにとって、かゆいところに手が届く、使ってよかったと思ってもらえるようなサービスを生み出していきたいですね。新しいアイディアで既存の概念を覆したいんです。ゆくゆくは、そのサービスで業界のNo.1になるのが目標です。